世界という私のホームタウン

海外の日常生活を通して、自分のやっていること、思い出、家族や、興味があること、意見などいろいろ綴っていこうとおもってます。

21歳で渡米し、アメリカ人の夫と結婚して以来、海外を転々とし、アメリカの西海岸に落ち着きました。50代になり、子育てもほとんど終わりに近づいたということで、自分自身の生き方を振り返る時期にさしかかってきました。これから自分に後悔しないためには、どうやって残りの人生をすごすか四苦八苦してる状態です。

今日は日曜日というのに朝からペットホテルにとまってるアラスカンマラミュートのコアのお風呂。

抜け毛が半端じゃない。私より大きいのにグルーミング嫌で台の上にのせたらぶるぶる。ずーと大きな声でグークーないてた。


隣を見るとしばらくほっとかれたのか汚く絡まった毛の犬が同僚に刈られていた。

刈った毛がワンピースになってまるで絨毯のようになってた。。

息子が留学先のスコットランドから夏休みに入り学生寮を追い出されたため米国に帰ってきた。
3ヶ月の夏休みにだがスコットランドの方がきれいだから1ヶ月したら戻るらしい。
3ヶ月も休みあるなら米国にいてバイトして学費稼げよといいたい。


一応まだコロナ下ということで未接種者の息子の入国を心配したのだけど米国国籍ももっている息子なので陰性証明書のみで入国可、隔離なしだった。

スコットランドはイギリスの一部であるためイギリスは世界でもいち早くすべての規制を撤廃した国なので出国入国は全く問題ない。。今は。。の話だけど。


1643254365866


またサル痘とか変異とかいわれてるからわからないけど。


夜中の11時ごろ旦那のお迎えで19時間の旅のあと2年ぶりにアメリカの生まれ故郷に帰ってきた息子。私とは1年ぶり、旦那とは2年ぶり。髭をはやし痩せこけては白かったはずのシャツが灰色になって帰ってきた。

どこの未開発の国にいってたんだよ状態。なんか一年前に日本で会ったときはスーツをきてレンタカーで空港まで迎えに来てくれた輝かしい息子はどこ行った状態。


まあー学生でバイトせず暇あればどっかの土地に行ってるような放浪息子なので仕方ないだろう。まあー生きてるだけでよしと。


お土産に頼んでおいたスコットランドのショートブレッドクッキーを買ってくれたのでしかも一番安いストアーブランドのやつ。それを仕事先の店にもっていく予定。1643254352754

メインのマスコミと違う主張を唱えることを陰謀論と一言で片付けられるようになって久しい。

さて、私が陰謀論を陰謀論だと決め付けることをやめたきっかけは、

やはりトランプ大統領の出現だったと思う。みなが声をそろえてトランプは極右で人種差別的。金持ち優先と大手マスコミが世界中で唱える2016年の選挙。

もちろん”Yes We can" であるオバマ大統領の時もわ~初の黒人大統領。アメリカも変わった~とそこまでフィーバーしなかったものの、へ~と思っていた。うちの旦那は、オバマさんの選挙ボランティアまでした。

が、それまでまったくアメリカ政治(というか日本の政治には一昔前から興味を持っていたけど)に興味持たず、私は外国人。あなたたちの決めた政治についていきます的な思考だった。まあ、日本の政治に興味を持ち、グローバリストと呼ばれる、すべての世界の資源を”平等”という美しい名のもと横取りするやからが大嫌いなのは確かだった。

そこで出てきた2016年のトランプさん。みながいう極右、人種差別的、金持ち優遇であるとは、まったく思わなかった。確かに、彼の政策上、アメリカファーストというのは分かる。
彼が大統領になれば、外国の国々(日本も含め)は大変になると思ったが、アメリカにとってはいいことだと思った。アメリカの大統領がアメリカファーストといって何が悪い?

自分の家のお父さんが、自分の家族を優先するのが何が悪い?そりゃ、お金が有り余って余裕があるのならば、ほかの人へと思うのは当たり前。しかし、アメリカ一般国民は、思いのほかお金がない。

金持ちはより金持ちに、貧乏はより貧乏に。グローバルにでてほかの国の取り分を取ってもうけるのは、金持ち。ほかの国の金持ちから自分の取り分をとられて貧乏になるのは、貧乏人。


トランプさんは、それを言っていた。出来るなら世界すべての人を救いたい。でも、それは出来ない。わが国の人から助けたい。。と。


当たり前の当たり前。平等だ、可哀想だという美しい言葉にだまされて、自分の取り分をささげて貧乏になったら人のせいにする。馬鹿だろ。


案の定、トランプ氏が大統領になった時代は、空前の好景気。例のコロナがヒットする前は。。。


その間もバッシングにバッシングをされ、それでもがんばったトランプさん。ほかの人だったら心が折れてるだろう。


この期を境に、私は、マスコミを信じない。自分で調べて納得し、自分の答えを探す。

So far so good.. I am still living and believing what I believe.  But yes, I am fully open for other opinions as well, I hear both sides, research, and decide what I believe. 


人が言うことを信じるのは、簡単。でも、それでマインドコントロールされてませんか?

後悔しませんように。

このページのトップヘ